作者別: cyross

[Unity]Anima2Dを使ってみた

なんと2年近く更新を頬っておいていました…もうしわけない…

気を取り直して、更新していきます…。

ところで、Unityの機能に組み込まれる予定のアセット「Anima2D」使ってみました。簡単に言うと、Live2Dのような機能をUnity標準で使えるようにしてしまおうというあれです。

前衛芸術になってしまった…OTL

サイトはSEGAさんの技術ブログが大変に参考になります。

[Unity]物避けアクション更新!

というわけで、ちょこっと更新してみました(1時間ぐらいでできた)。

ゲーム本体はこちら。

Test30Web_c

 

更新内容は「ポーズ機能」。

ポーズボタンを押すと、次の3点を停止させます。

  • 物理演算
  • 敵のスポーン
  • BGMの演奏

停止方法は、以下のブログを参考にしました。

Unityの一時停止で止まるもの、止まらないもの【Time.timeScale】

 

あと、ポーズボタンを押したときに、主人公がちょこっと動く不具合があったので、対処しました。

簡単に言うと、「画面上部はタッチしても主人公の動作に影響させないようにした」だけです。
(結構甘い対処です…)

 

さらに、ポーズ状態管理にシングルトンオブジェクトがほしいよねーということで、次のアセットを組み込んでみたところ、気持ちよく動いています。

Singleton Liberation – Inherit from your own MonoBehaviour

[Unity]物避けアクション復活!

見事に消えてショックだったAssetsフォルダ。半日経って、ふと思い立ってゴミ箱をチェックしたら…残ってた!

ファイルをゴミ箱からサルベージして、とりあえず開発は続行できます!

とはいえ、ちょっと訳ありの動作をすると、Unityの機嫌を損ねてしまいます。そのための尻拭いに数時間…とほほ。

さらに、Unityを5.6にしたら、原因不明のエラー…結局5.5.3p1に戻しました…さらに1時間。

苦心の末に、BGM追加とかを行った新生Test30をお試しくださいませ。

http://www.cyross.com/Test30Web/

[Unity]アニメーションの新旧

今現在、Test30Webをパワーアップさせようと、とあるアセット組み込みました。

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/42033

チュートリアルに書いてあるとおりに作業してもうんともすんとも言わない。

そこで、いろいろ調べてみると、デバッグログに「アニメーションの種別に”Legacy”と明記して」と書かれる。

なに、レガシーアニメーションって?

さらに調べると、今のUnityと昔のUnityではアニメーションの実装方法が違うという。

つまり、アニメーションの作り方を間違えてたってことか。

というわけで、別の方法で作ったアニメーションを組み込み。
(参考にしたサイトは↓です。いやー、助かった!)

これで、レガシィ云々のメッセージは消えましたが…未だに動いていません…ナニガアカンノヤ…

[Unity]物避けアクションの習作

短期間で何かUnityで作ってみようと、習作してましたが、アウトプットを見せられそうな形になったので公開しました。

Escape From Gadgets

墜ち物避けアクションです。空から振ってくる障害物を避け続けます
画面右側をタッチし続けると主人公が右へ、左側をタッチし続けると左へ移動します
障害物が地上に墜ちるとスコアです
障害物に主人公が当たるとゲームオーバーです

習作箇所は、

  • Fashpoolによる管理
  • 2D物理演算
  • 2DxFXの利用
    • ゲームオーバー時、主人公がグレイスケールになる
  • MessageDispatcherによる処理フロー
  • UIがらみのバグ駆逐
    • 画面サイズによってはUIコンポーネントがはみ出る
      • Canvas ScalerのUI Scale Modeを”Scale With Screen Sizeに
      • Reference Resolutionの設定を忘れずに
      • Player Settings のResolutionsも忘れがち!
    • なぜかボタンをクリックしても反応しない
      • いつの間にかGraphic Raycasterがオフになってた…
    • EasyTouchとuGUIとの両立
    • シーン移動するとUIコンポーネントが参照エラーになる

あと、音楽とかエフェクトの追加とかを予定しています。