VSTU

[Unity]VS2013入れてますか?(VSTUの入れ方)

ワテクシのメインマシンはWindowsマシンです。
ゲーム開発にはUnityがありますが、VisualStudioも止められません。

以前は結構お布施を払っていましたが、結構家計を圧迫するので継続利用を断念。以降、Eclipse・Pleiadesを試していました。
そしたら、Microsoftが何を思ったか、Pro相当の機能を個人利用なら無料(ホンマは個人利用の定義がややこしいけどね)のCommunity版が登場、再びVSがメインパソコンに収まりました。

VSには拡張機能として、Unityとの連携プラグイン「Visual Studio 2013 Tools for Unity(以降、VSTU)」があり、一緒に付いてるアセットを取り込むと、Unityのプロジェクト内にVSのソリューションが作られ、アプリをVSでデバッグ、といった芸当をは当たり前で、(やろうと思えば)条件付きブレークポイント(変数の値がXXならブレークといった指定ができる)やリモートデバッグ、UnityPlayerでのデバッグが出来るというシロモノです(やったことありませんが)。Windows上でUnity使う方には必須のツールと自負しています(Macの方は…ごめんなさい)。

ぜひ、この楽園におとずれて欲しいので、インストール方法を列記しました。ご参考になれば。

Continue reading